腸内を食事で元気に整える方法って?

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

 

このサイトをご覧いただいてるという方はきっと腸に何らかのトラブルを抱えて困っているんだと思います。

 

便秘や下痢が続いたり、ガスでお腹が張って苦しかったりおならのニオイが気になるなど腸内環境の不調で起こる症状はとても不快なものですよね。

 

悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなってしまうと便秘や下痢だけでなく、肌荒れや体臭の原因になってしまったり、免疫力が低下して風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまったり、アレルギー症状がひどくなる原因にもなります。

 

腸はただ消化吸収するだけでなく、体全体の調子を整えたり免疫力を高める働きがあります。

 

当サイトでは腸内環境を整える方法、善玉菌を増やすおすすめの食事法、便秘やダイエットへの効果などを紹介しています。

 

腸のトラブルで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

腸内環境をチェックする方法ってあるの?

腸内環境をチェックする方法はいくつかあります。腸内環境のセルフチェックは、日常的に簡単にできるものばかりです。

 

ストレスが多かったり外食、肉や魚中心の食生活を送っている方は注意が必要です。

 

また、アルコールを頻繁に摂取していたり運動不足の人も要注意です。排便の周期や睡眠の質や時間などにも注目すると良いです。

 

その他、頻繁に便秘や肌荒れを起こしているかどうかもチェックするポイントの一つです。

 

このような項目に多く当てはまっていても、規則正しい生活を心がけ食事をバランス良く摂取すると腸内環境を正常に戻せます。

 

ほぼ全てに当てはまっている場合などは生活習慣を改めるとともに、腸内環境を整えるサプリメントを服用すると効果的です。

 

食事で十分な栄養素を摂るのが難しいという方でもサプリメントなら必要な栄養素を手軽にしっかり摂れます。

 

現在、さまざまな種類のサプリメントが市販されているのでこの機会にサプリを飲む習慣をつけてみるのもおすすめです。

 

腸の中を健康に保つ、一見無関係に見えますが美容にも関係してきます。腸が正常で健康的だと肌を美しく維持できます。

 

体の中から健康になるために日常的に食生活や生活習慣のチェックを行いましょう。

 

 

腸内環境の検査ってどうすればいいの?

「いつも便秘の状態でスッキリしない」、「下痢になりやすく疲れやすい」、「食生活が乱れている」、「なんとなく体調不良な状態が続いている」などに思いあたる人は一度腸内環境の検査を受けたほうが良いかもしれません。

 

腸内細菌は大きく分けて、体に良い働きをする『善玉菌』、体に悪い働きをする『悪玉菌』、どちらにも属さない『日和見菌』の3つに分類されますが、これらのバランスを保つのがとても大切なのです。

 

悪玉菌が増えて細菌のバランスが崩れると便秘や下痢だけでなく、肌荒れ、肩こりなど様々な体調不良を引き起こすといわれています。

 

腸内環境は、消化吸収だけでなく、免疫機能などの健康状態に関わるのです。

 

「腸内フローラ検査」と呼ばれる検査で便中に含まれる細菌のバランスを調べられるので、是非受けてみてはいかがでしょうか。

 

ダイエット、アンチエイジング、健康、どれも腸内環境を整えることが大前提です。

 

これからは、病気になってから病院に行くのではなく、予防の為に病院で検査してもらうことが大切です。

 

 

腸内環境とおならって関係あるの?

腸内環境とおならは、実は密接に関係しているんです。

 

腸内環境が乱れると、悪玉菌が増えます。

 

善玉菌がたくさんいる状態では、消化物が発酵されて正常な状態での排便が行われるようになっています。

 

しかし、悪玉菌がたくさんいる状態だと、消化物が正常に発酵されず、腐敗が進みます。

 

その結果、腐敗した食べ物から発生するガスや老廃物が溜まり、便秘を引き起こしたり、老廃物が血液に混じって全身を巡り、肌荒れや身体の様々な不調を引き起こしたりします。

 

腸内環境が乱れている時は、腸内に腐敗した食べ物から発生したガスが溜まっておならが臭くなります。

 

腸内環境が整っている時には、おならは臭くありません。したがって、おならの臭いは、腸内の状態を知るための一つのバロメーターになるのです。

 

腸内環境を良くすることは、健康や美容を維持するために大切です。

 

こまめなチェックで大きな病気を防げるので是非試してみてくださいね。

 

 

腸内環境を整えるのに必要なことってある?

腸内環境を整えるのは便秘改善への効果など健康にはもちろん、美容やお肌などにもいい事があります。

 

腸内環境を良くするには腸内細菌の中でも免疫の活性化に大きく関わっているとされる善玉菌を増やすことと、悪玉菌の働きを抑えることが重要です。

 

腸内環境を整える為に最も重要かつ取り組みやすい事は食生活の改善です。肉などの高タンパク質かつ高脂肪の食べ物は悪玉菌が増える原因となるので控えめにしましょう。

 

また、善玉菌を補う一番やりやすい方法は乳酸菌を多く含むものを摂取することです。

 

ヨーグルトは勿論ですが、納豆、キムチ、漬物、チーズなどの発酵食品も乳酸菌を補うのに適しています。

 

発酵食品を摂るのが難しいという方にはサプリメントがおすすめです。サプリメントは、飲み続けることが重要です。

 

さまざまな種類のサプリメントがあるので、自分に合ったサプリを利用して効率的に腸内環境を良くしましょう。

 

また、食物繊維を多く含む食材を食べるとより一層効果が期待できます。

 

食物繊維はバナナ、りんご、大豆、さつまいもなどに含まれますが、プルーンは水溶性、不溶性の2種類の食物繊維をバランスよく含んでいるのでおすすめです。

 

乳酸菌の餌となり善玉菌を増やすオリゴ糖も効果的で、先ほど述べたりんごやバナナにも含まれています。

 

 

腸内環境を改善する方法ってどんなものがあるの?

乱れがちな腸内環境を改善する方法はいくつかあります。

 

まず、人の腸内には腸内フローラという数多くの腸内細菌が生息する場所があります。

 

そしてそれらの細菌は身体に悪影響を及ぼす悪玉菌と、身体に良い作用をする善玉菌があります。

 

善玉菌が減少して悪玉菌が増えると、便秘がちになったり、風邪を引きやすくなってしまったり、肌荒れを起こしやすくなります。

 

そうならないためには日頃から腸内環境を整えておかなければなりません。では、どのような方法で腸内環境を改善できるかと言うと、乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすのが有効です。

 

乳酸菌と言うとヨーグルトや乳性飲料のイメージが強いですが、それ以外にも簡単に摂取する方法があります。

 

それは乳酸菌サプリメントです。乳製品は好き嫌いがあったり、毎日食べ続けるのが大変と言う方もいます。しかしサプリメントなら毎日簡単に必要な栄養素を摂取できます。

 

お子様から高齢の方まで簡単に飲めるので、腸内環境を整えるおすすめの方法です。

 

 

食事で良くすることはできるの?

腸内環境は美容に大きな影響を与える要素ですので、食事にも気をつけている人は少なくありません。

 

しかし、そうでない人は便秘がちになったり、30代を過ぎた頃から老化が進行してしまいます。

 

特に運動をしていない人だと、運動をしている人に比べて老化が早くなりがちです。

 

では、腸内環境を良くするために効果が高い食事とはどんなものかというと、まずは乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を増やせる食事です。

 

ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品をたくさん食べると効果的です。

 

それから食物繊維も十分に摂るべきです。食物繊維には不溶性と水溶性のものがありますが、腸内環境を良くするためには特に水溶性の食物繊維を摂取すると効果的でしょう。

 

不溶性の食物繊維は、ごぼうやほうれん草、こんにゃくなどに含まれているものです。

 

不溶性の食物繊維も、腸内で水分を吸収して膨らみ便秘を解消してくれるものですから、摂取してももちろんOKです。

 

 

良い効果のある食べ物ってあるの?

腸内環境を良くする食べ物というのは、要するに善玉菌や乳酸菌が含まれている食品だと言えます。

 

乳酸菌というとヨーグルトやチーズなどの乳製品を主に想像しがちですが、実は納豆や味噌などの発酵食品にも豊富に含まれているので発酵食品は腸内環境改善に効果的です。

 

例えば、納豆・ヨーグルト・漬物などです。また、味噌も発酵食品なので味噌汁を飲むのも良いです。

 

特に納豆は水溶性と不溶性の食物繊維を豊富に含み、納豆に含まれる納豆菌は善玉菌の働きを良くするのでおすすめの食べ物です。

 

納豆を食べる際は発酵が進めば進むほど納豆菌が作り出す栄養素が増えるので賞味期限が近くなってから食べるとより高い効果が期待できます。

 

ご飯に納豆と味噌汁・漬物・キムチなどを一緒に食べるという日本的な食習慣は、腸内環境を整えるのに良い食べ物が揃っているのです。

 

乳製品が苦手な方でも味噌汁や漬物なら抵抗なく食べられますし、毎日でも摂取できるので普段の食事に納豆や漬物などの発酵食品を取り入れてみてくださいね。

 

 

ヨーグルトは良い効果があるの?

腸内環境を良くするために、ヨーグルトは非常におすすめです。

 

ヨーグルトの中には、ビフィズス菌や乳酸菌が多く含まれています。

 

このビフィズス菌と乳酸菌が善玉菌の働きを助け、悪玉菌の活動を抑えるので腸内環境が良い状態に保たれます。

 

本来ビフィズス菌は胃酸に弱いため、その多くが腸に届く前に死滅してしまいます。

 

ですが、最近ではプロバイオティクスの商品がたくさん店頭に並ぶようになりました。このプロバイオティクスとは、ヨーグルトに含まれた細菌が生きているまま腸まで届くというものです。

 

普通のヨーグルトよりも腸内に届く細菌が多くなるので、より腸内環境を良くする効果が強いというわけです。

 

なので、腸内環境の改善や維持を目的としてヨーグルトを選ぶ場合には、是非ともプロバイオティクスという表示のある商品を選んで買うことをおすすめします。

 

また、ビフィズス菌や乳酸菌が配合されたサプリメントもプロバイオティクスと同様に生きたまま乳酸菌を腸内まで届けられます。乳製品が苦手な方でもサプリなら飲みやすいのでおすすめです。

 

腸内環境を良く保つことは、健康や美容を維持するためにとても大切です。ヨーグルトは腸内環境の改善にとてもおすすめの食べ物なので積極的に摂って健康生活を送りましょう。

 

 

腸内環境とダイエットって関係あるの?

腸内環境とダイエットは強く関係しています。

 

しかし、意外と腸内環境の重要性に気づいている人はいません。腸内環境が良くないと太りやすくなってしまうので十分に気をつけたいところです。

 

腸内環境が悪化する原因は主に普段の生活習慣です。肉食が多かったり、過度の飲酒が続くといった不健康な生活が続くと悪玉菌が増えて体調が悪くなったり太りやすくなります。

 

食事や規則的な運動といった生活面を見直し、腸内の環境が整えば便秘も解消され老廃物の排出がスムーズになります。

 

腸が栄養素を正常に吸収できるようになると食欲のコントロールがしやすくなり、ダイエットへの効果が期待できます。

 

ダイエットする人が悩みがちな食べたい欲求は実は腸と大きく関係していたのです。これを頭に入れて腸内環境を良くすることを目指してみてはいかがでしょうか。

 

また、ダイエットしたい方のためにさまざまなサプリメントが市販されているので、腸内環境を良くするとともにサプリメントを摂るとより素早い効果が期待できます。

 

 

腸内環境を良くするサプリのランキング

腸内環境改善に効果的な乳酸菌サプリですが、特におすすめのサプリはどんなものなのでしょう?

 

おすすめの乳酸菌サプリの中から値段の安い順にランキングを作成しました。

 

サプリメントを購入するときに参考にしてみてくださいね。

 

 

 

善玉菌のチカラ

カスピ海ヨーグルト特有の「クレモリス」という生きたまま腸に届く乳酸菌を1粒に20億個以上凝縮しています。

 

他の乳酸菌には含まれないねばり成分を含んでおり、このねばり成分が体の中を整える効果が期待できます。

 

日本人に不足しがちなカルシウムを含んでおり、美容や健康が気になる方にもおすすめの腸内環境のサプリです。

 

  • 送料無料
  • 23%OFFの特別価格で購入可能
  • 低カロリー
  • 定期購入で5つの特典つき


価格 1回分のカロリー 評価
1806円 0.71kcal 腸内環境 サプリメント

 

乳酸菌(EC-12)

乳酸菌(EC-12)は専用のクリーンルームで製造するなど徹底した品質管理の下で製造されています。

 

一袋に一兆個もの乳酸菌(ヨーグルト100個分に相当)が含まれているので腸内環境改善が期待できます。

 

水無しで飲めるので外出先でも便利。ブルーベリー味で飲みやすく続けやすいのが魅力です。

 

  • 販売数1400万袋突破
  • 初回限定送料無料
  • 製薬会社視点の管理体制の下で製造されている
  • 1日あたり60.3円


価格 1回分のカロリー 評価
1810円 2.37kcal 腸内環境 サプリメント

 

乳酸菌革命

乳酸菌革命は、殺菌効果が高いビフィズス菌を配合しており腸内環境を整えて免疫力を高める効果が期待できます。

 

耐酸性カプセルを使用しているので、胃酸で死滅しやすい乳酸菌を生きたまましっかり腸まで届けることができます。

 

化学性添加物を使用していないので、子供や妊娠中の方でも毎日安心して飲み続けられます。

 

  • 販売数60万袋突破
  • リピート率85.7%
  • 送料無料
  • 多数の雑誌で紹介されている


価格 1回分のカロリー 評価
2730円 2.72kcal 腸内環境 サプリメント